新着情報

RSS
2015/07/03
タイルカーペットの頻度について| 店舗清掃のパルテック

「はじめまして、パルテックWEB担当者です。
オフィスメンテナンス、店舗清掃など、この業界で20年以上働いてきました。
清掃について熟知しておりますので、今後この場を借りてよくある質問に答えていきます!!」




今回は総務御担当者様によく聞かれる、
オフィス清掃『タイルカーペット』の頻度についてです。


タイルカーペットには多くの種類がありますが、素材やモノによって頻度は大きく変わりません。
それよりも大事なのは、人の立ち入る頻度です。

(業界用語では、歩行量と汚染度で判断します。
もっとも汚れるエリアを「重歩行エリア」「重汚染エリア」と言ったりします。)


そこで、オフィスのよくある場所の頻度について例を挙げて書いていきます。
ご参考くださいませ♪



ー○ー○ー○ー社長室・役員室ー○ー○ー○ー

レベル1 軽歩行エリア ☆☆★

2回程度/年

一般的に立ち入る人が限られているので、汚染度が低くなり最も汚れにくいエリアです!!

【日常作業】
日頃から、バキューム(掃除機がけ)を行いましょう。

【注意点】
家具や調度品に高級な物を使用している場合があるので、破損しないように慎重に作業が必要です。


ー○ー○ー○ー般事務エリアー○ー○ー○ー

レベル2 重歩行エリア ☆★★

6回~12回程度/年

多くの人が特定の場所を歩行することが多いので、汚染度が非常に高くなります。
本当は頻繁に施工することをお勧めします。回数が多いほど良いですが、コストとの兼ね合いになります。
事務機の下はいつまでも新品同様となります!!
だんだん差が出てきて、大掃除などの際に見たら、驚くほど汚れていることが多いですよね。


【日常作業】
乾いた汚れの多くは掃除機がけで取り除けるので、
小まめな掃除機がけが美観維持には重要となります。

【注意点】
OAフロアだと水をあまり使えませんので、施工方法にも注意が必要です。


ー○ー○ー○ー応接室ー○ー○ー○ー

レベル2 重歩行エリア ☆★★

6回~12回程度/年


ソファーや椅子の下などが特に汚れています。
例)靴の汚れ コーヒーこぼし放置 

【日常作業】
コーヒーなどはこぼしたら速やかに水拭きすることをお勧めします。
落としきれないものについてはお早めにプロにご相談ください。


ー○ー○ー○ーエントランス・エレベーターホールー○ー○ー○ー

レベル3 重歩行エリア ★★★

6回~12回程度/年

会社に関係のない方も含めて全員が歩行する重歩行エリアです。
最も汚れの激しいエリアなので、頻度も多めに念入りに洗浄する必要があります。


【日常作業】
日常の中で、こまめにバキュームがけ(掃除機がけ)をして、
カーペットパイル内の土砂を取り除くことが重要です。

【注意点】
雨の時などに歩行が多くなると、タイルカーペットの乾いたホコリと水が混じって泥水になります。。
これが厄介で、簡単には落ちないシミとなります。




さて、皆さんが検討さてれいる各場所の定期清掃・メンテナンスは、
定期的に行われているでしょうか?
今回紹介した回数はあくまでも、”目安”となっております。

これ以下だから、悪い、これ以上だから悪い。
と言ったことはありません。
しかし、歩行の頻度や多くの人が通るエリアは必然的に汚れやすくなりますので、
定期清掃と日常のお手入れをお勧めします!!

もし、ご不明店ありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいね。


=================================================================
何かご不明な点やご質問等がございましたら、どのようなことでもお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちらからどうぞ!

電話でお問い合わせ ⇒03-3502-1051
営業時間は平日の10:00〜17:00となっております。

対応エリアは下記になります。

ビルメンテナンスのその先へ 株式会社パルテックはビルメンテナンスを中心にお客様の衛生管理のパートナーとしてお役に立てるよう努力してまいります。

無料見積もり・お問い合わせ

お急ぎの方はこちら

対応エリア

対応エリア

東京都23区およびその近郊

Palwave
新着情報TOPへ